筋トレをする時には玄米を食べるのがいいって本当?どんな効果がある?

筋トレをする時には玄米を食べるのがいいって本当?どんな効果がある?

炭水化物といえばお米ですが、ダイエットをする上でこの炭水化物というのはあまり摂取するべきではないと考えられています。
炭水化物に含まれている糖質というのは、体脂肪の減量になりますので、肉体改造をする時には炭水化物をできるだけ控えるようにします。

しかし、日本人にとって主食でもあるお米を控えなければならないのはやはり辛いと思います。
これは筋トレにおいてももちろん同じです。
そこで筋トレはもちろん、ダイエットに効果的とされている玄米を食べてみてはどうでしょうか。

玄米は完全栄養食で筋トレに役立つ

食卓において口にするお米といえば白米ですが、白米は玄米を精米したものです。
精米ということは、玄米の表面についている皮を取り除いたということです。
玄米の表面についている皮には様々な栄養分が豊富に含まれているのですが、精米をすることによってこの栄養分を削り取ってしまうことになります。

玄米は白米と比較をするとミネラルやビタミンはもちろん、食物繊維が非常に豊富に含まれています。
これらは人間が健康的な生活を送る上で欠かすことができない栄養分ですので、玄米を食べるだけでこれらの栄養分をバランスよくたっぷりと補給することができるため、ダイエットはもちろん筋トレ、健康維持においても高い効果を期待することができます。
筋トレを成功させるうえで重要になるのは、栄養分をバランスよく摂取することです。
そういった意味でも、玄米は筋トレに役立ちますよ。

玄米で筋トレ期間中でも満腹感と代謝のアップ

筋トレ中や肉体改造をしている時とはいっても、やはりお腹いっぱい物を食べて、必要な栄養分を摂取したいと思うものです。
しかし白米ではどうしても食べ過ぎてしまいますので、玄米がおすすめです。
玄米は白米と比較すると硬いため、しっかりと咀嚼しなければなりません。
物を噛むことによって、脳は刺激を受け満腹感を感じることができますので、玄米を食べることで咀嚼回数が増え、自然と満腹感を感じやすくなります。

満腹感を感じやすくなれば食事において食べ過ぎてしまうことがないので、ダイエットもしやすくなります。
玄米は白米よりも糖分吸収のスピードが遅いですので、血糖値の上昇をゆるやかにすることができます。
血糖値の上昇率が高ければ、それだけ脂肪を蓄積しやすくなります。
つまり、玄米を食べることで白米と同じ量を仮に食べたとしても血糖値の上昇が抑えられ、ダイエット効果を高めることができるんですよ。

玄米の持つ筋トレにおける嬉しい効果

玄米には豊富に食物繊維が含まれていますので、食事制限などを行っている時に陥りがちな便秘を解消することができます。
玄米に含まれる食物繊維は不溶性食物繊維ですので、腸の中に入り込むことで水分をたっぷりと吸収した上で何倍にも膨らみます。
食べる量が減ると便の材料となるものが腸内に入りますので便秘になりやすいのですが、食物繊維のおかげで便の材料を腸にしっかりと届けることができ、ダイエット効果を高めることができるんですよ。

玄米でも補給しきれない筋トレに必要な栄養素がある

非常に優れた栄養素を持つ玄米ですが、玄米をどれだけ食べても摂取することができない栄養素があります。
それが筋トレにおいて欠かすことができないタンパク質です。
タンパク質を摂取することができないということは、筋肉の材料が不足しているということです。

そのため、玄米を摂取すると同時に、肉や魚などからタンパク質を必ず摂取するようにしてください。
ただし脂肪分の多い肉類などでは脂肪が蓄積されてしまいますので、やはりサプリメントからタンパク質を摂取するというのがおすすめですよ。

玄米を食べると同時に、バルクアップHMBプロなどのHMBサプリメントを摂取することで、効率よく筋肉量の増加を助けることができます。

  • コメント: 51

関連記事

  1. 海外製のサプリのデメリット

  2. 筋トレする女性が増えている!その理由とは?

  3. 筋トレは何時にやっても同じ…ではない?!

  4. 筋トレに対する女性たちの大きな誤解

  5. 筋トレの様々な問題

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP